インダスター69のピント調整

改造人ツクルダーその他, 備忘録

旧ソ連製レンズ「インダスター69(ИНДУСТАР-69、 Industar 69)」。
先日、ネットオークションで落札。
ロシア語の紙に包まれてやって来ました。
28mm F2.8。

PEN E-P1へ装着!

カッコいい!!

M39という特殊なマウント。
L39-マイクロフォーサーズアダプタで、物理的にはPEN E-P1へ装着できますが、大きな問題があります。
フランジバックが違うため遠景でピントがあわない!!

この通りボケボケ。

まあ、これは初めから解っていたことなので仕方がない。
レンズの改造が必要なようです。


http://blog.monouri.net/tag/INDUSTAR-69#51602456

http://pronto.blog.shinobi.jp/Entry/747/

をお手本に分解。

邪魔な出っ張りを取り除きます。
ちゃんとした工具がないので、、、
ニッパーで粗取りし、、、

他の部分に傷が付かないようビニールテープで養生した後、ヤスリで削ります。

こんな感じ。

ストッパーピンが干渉していたので

http://pronto.blog.shinobi.jp/Entry/747/

に習って位置を下げました。

コレを無限遠でピントがあう位置に調整しつつ組み立て。
絞りの印位置も調整する必要がありますが、面倒なので赤マーカーで点を描くことにします(^^;

とりあえず完了!

まあまあ良いんじゃないでしょうか。
ただ、アルミの削り屑がヘリコイド内に入ったためか、ガリガリ感が、、、
ちゃんと掃除しなければ。