呉から安芸灘とびしま海道・大崎上島・しまなみ海道を経て鞆の浦へ

12月7日
呉でのお仕事、打ち上げ2回目!
場所を鞆の浦へ移動です。
しかも社長たっての希望で島伝いに!!
さらに、制作スタッフで友人のO氏が途中の「因島」に別宅&みかん畑を持っているとのことで、寄らせてもらいます。
「安芸灘とびしま海道」を利用すれば「下蒲刈島」「上蒲刈島」「豊島」「大崎下島」「岡村島」まで橋で結ばれています。
問題はその先。
航路を利用するわけですが、都合の良い時間に船便が無い。
岡村島9時55分発のフェリーに乗り今治へ向かい、因島まで「しまなみ海道」で行くのが時間的に早そう。でも、ちょっと慌ただしい。
そこで、大崎下島からフェリーで一旦大崎上島へ渡り、更にフェリーで大三島へ、しまなみ海道経由で因島へ行くルートにしました。大崎下島大長港を11時35分発のフェリーに乗船すればその後が繋がります。
呉>>仁方>>下蒲刈島>>上蒲刈島>>豊島>>大崎下島>>大崎上島>>大三島>>生口島>>因島>>向島>>戸崎>>鞆の浦
map

SAMSUNG
呉港に停泊中の潜水艦。本物だ!
SAMSUNG
安芸灘とびしま海道の玄関口「安芸灘大橋」。
SAMSUNG SAMSUNG
大崎下島の先端、「御手洗」の町並み。かつて「潮待」「風待」で栄えたそうです。
SAMSUNG
大崎下島大長港から大崎上島へ渡るフェリー。SAMSUNG
大崎上島明石港へ上陸。
ここから木江港まで約10分陸路を走ります。
SAMSUNG
木江港にて。大三島宗方港行きフェリーにちょうど接続。
SAMSUNG
宗方港へ無事到着。

SAMSUNG
道の駅多々羅しまなみ公園からの眺め。多々羅大橋。
ここから因島までしまなみ海道。快適なドライブコースです。

SAMSUNGSAMSUNG
因島のO氏宅とみかん畑。八朔です。
O氏は普段東京に住んでいるので、なかなか畑の手入れができないとのこと。
ここでゆっくりしていたいのですが、まだまだ先があります。
向島までしまなみ海道で移動、向島の東端「歌」へ。

SAMSUNG
本日3度目のフェリー。歌から本土の戸崎へ渡ります。

SAMSUNG
戸崎港。本土へ再上陸。

SAMSUNG
日の入り頃、鞆の浦到着。
で、ようやく打ち上げ!
本日のお宿は鞆の浦温泉 景勝館 漣亭

SAMSUNG
宴の後、、、