乗鞍高原へ〜その2

2013年12月13日ブログバックカントリースノーボード, 散策, 旅行, 登山, 自然観察

9/18
昼食後は冬期の下見。
乗鞍岳・高天ヶ原から前川本谷伊那川合流点付近までスノーボードで滑れないか画策中。
この尾根、乗鞍へ登る時はいつも気になっていたんです。
ネットで検索すると、こちらにスキーでの滑走記録がありました。

傾斜があればスノボでも問題なく滑走できると思いますが、緩斜面や登りが続くと厳しいです。なのでルートの最下部、「林道」が最大のネックになりそう。
↓ルートはこんな感じ。緑線が滑走、赤線が林道歩行です。
map0918s

そこで休暇村まで車で移動し、その先、尾根の取り付きまで自転車で偵察。

13:00
休暇村出発。
林道は緩やかに登り、緩やかに下るといった感じ。この傾斜では雪が深いとスノボは滑りそうにありません。スノーシューでも辛いかも。

14:00
9-18-1
尾根の取り付き付近。ルートを探すS君。

9-18-2
尾根上には山仕事道と思われる踏み跡があり、赤いリボンがぶら下がっています。

9-18-3
前川本谷にかかる橋の上から、高天ヶ原方面を望む。

9-18-4
帰りに立ち寄った東大ヒュッテ。初めてお邪魔しました。ここから乗鞍の眺望はすばらしい!

15:30
山小屋へ戻り、まったり過ごしていると、日暮れ頃、自転車チームと釣りチームが帰還。
自転車レースに出場したN君は、ゴール直前でタイヤが2本パンクし散々だったそうです。
釣りチームの釣果もイマイチだった模様。